個人再生 自己破産 違い

個人再生と自己破産の違い|あなたにあった方法を

債務が大きい場合の債務整理は自己破産と個人再生が選択されます。しかし自分自身ではどちらを選ぶべきなのか判断が難しいですし、そもそも違いが分からない部分もたくさんあります。

 

もちろん弁護士に相談した上で決定していくのが望ましいのですが、事前に自己破産と個人再生それぞれのメリットやデメリットをチェックして違いを把握しておきましょう。

 

個人再生のメリットとデメリット

個人再生はマイホームや自動車などの財産を残したままで債務整理ができます。原則として債務が5分の1まで圧縮されるので返済が非常に楽になるのがメリットです。一方のデメリットとして、返済できるだけの経済力が必要なこと、手続きが複雑、といったものが挙げられます。

 

とはいえ、債務整理後の生活が安定しやすく、きちんと完済しやすい方法なので最近では選択されることも多いです。

 

自己破産のメリットとデメリット

最大のメリットはなんといっても債務が全て無くなることです。返済する必要は一切無く、まさに1からのリスタートになります。しかしデメリットとして生活に必要な最低限の財産以外は手放さなくてはならない、資格制限がかかって一部の職に就けなくなってしまいます。

 

借金が全て無くなるなら自己破産の方が魅力的に見えるかもしれませんが、持ち家や車を代表とする財産を手放さなくてはならないので生活基盤が揺らぐ恐れもあります。

 

個人再生は返済することが前提となりますが難しいと判断された場合は自己破産として債務整理しなくてはならない場合もあります。そのため弁護士としっかり話し合った上でどちらを選ぶのか決めていく必要があります。あなたの状況にあった最善の方法を考えてくれますよ。

 

 

借金問題はすぐにでも専門家に相談するべきですが、中には悪質な法律家もいますので、「信頼できる弁護士の選び方」を参考にしてみてください。

 

弁護士に相談するのはちょっと気が引けるという方はここ↓を読んでみてください。

 

借金の問題は一人で悩んでいても解決することはなく、どんどん悪い方向に向かいます。

 

すぐにでも相談することが解決のコツですが、そうはいっても、いきなり弁護士さんに相談するのは勇気がいりますよね。

 

ですので、まずは無料シミュレーターを利用してみるのがおすすめです。

 

名前も住所も必要なく、5つの質問に答えるだけで「どの方法を使うのが最適で、どのくらい借金が減額できるのか」が分かります。

 

その小さな一歩を踏み出せば、平穏な日々が待っていますよ。