個人再生 流れ

個人再生を依頼した後の流れ|手続きや期間は?

個人再生はいくつかの手続きを踏まえた上で認可されるものです。弁護士に相談すればほとんど任せたまま進めることもできますが、ある程度自分で流れを抑えておいた方がよりスムーズに進めます。

 

1.弁護士を選ぶ

個人再生は多くの手続きを踏まえ、さらに書類を用意しなくてはなりません。きちんとした知識がないと個人再生を実現するのは難しいため弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。弁護士が介入した時点で債権者からの取りたて及び利子の発生も無くなります。

 

2.債権者への通知

弁護士を選んだら次は債権者に対して通知書を郵送します。こちらは弁護士が介入したことを知らせる書類で、債権者に通知することで直接取り立てが止まります。

 

3.個人再生の申し立て

次に裁判所に対して個人再生の申し立てを行います。

 

必要となる書類

・申立書
・陳述書
・債権者一覧
・添付書類(給与明細や戸籍謄本など)

 

申し立ての前に提出するための再生計画を作成しなくてはならないのですが、こちらも弁護士と相談しながら適切なものを作成していきます。再生計画案は3年間で返済する計画になります。

 

4.個人再生の開始

裁判所から認められたら無事に個人再生が始まります。およそ3ヶ月から6ヶ月ほどの期間で認められることが多いです。また債権者側から異議の申し立てが出ることもあります。その都度裁判所によって決定していきます。

 

5.再生計画書の提出

弁護士と共に作成した再生計画書を提出します。これに基づいて支払い方法などを決定していきます。再生計画が認められた場合返済のスタートになります。

 

個人でする方法もありますが、専門的な知識がないと個人再生が認められず無駄な費用と時間が過ぎてしまうこともあります。専門的な部分は法律事務所に任せて、その間に更生するため仕事を真面目にするほうが健全だと言えます。

 

 

借金問題はすぐにでも専門家に相談するべきですが、中には悪質な法律家もいますので、「信頼できる弁護士の選び方」を参考にしてみてください。

 

弁護士に相談するのはちょっと気が引けるという方はここ↓を読んでみてください。

 

借金の問題は一人で悩んでいても解決することはなく、どんどん悪い方向に向かいます。

 

すぐにでも相談することが解決のコツですが、そうはいっても、いきなり弁護士さんに相談するのは勇気がいりますよね。

 

ですので、まずは無料シミュレーターを利用してみるのがおすすめです。

 

名前も住所も必要なく、5つの質問に答えるだけで「どの方法を使うのが最適で、どのくらい借金が減額できるのか」が分かります。

 

その小さな一歩を踏み出せば、平穏な日々が待っていますよ。