個人再生前 借り入れ

個人再生前の意図的な借り入れは危険!

個人再生はあくまでも債務に苦しむ人を助けるための債務整理です。特徴として、持ち家や自動車といった財産を手放すことなく借金を圧縮できるという点が挙げられます。もちろんほとんどの方は適切な理由で、正しい申請を行い個人再生を受けているのですが、中には個人再生前に意図的な借り入れをする人もいます。

 

個人再生を受けると原則として借金の5分の1まで圧縮されるため、返済が随分と楽になります。例えば500万円の借金がある人は個人再生によって100万円まで借金が圧縮される、といった内容です。つまり、個人再生前に意図的な借り入れをすることで返済額をわざと減らそうと思えばできないことは無いのが実際のところです。

 

上手く意図的な借り入れができるのか?

それは難しいと言えます。まず消費者金融をはじめとした金融機関がこれを認めて新たに融資するとは考えられません。金融機関側も融資に対してとても慎重になっており、借入残高が高い人や延滞歴のある人についてはほとんどが断っているのが現状です。

 

もしも意図的な借り入れに成功したとしても、個人再生の申請段階で裁判所から却下されるのがほとんどでしょう。もちろん、途中までトントン拍子に進んでいてもバレてしまえば当然認められません。

 

意図的な借り入れの場合は個人再生とは別扱いとして返済しなくてはならない可能性もあります。もしもこれに該当しそうな借り入れがある場合は弁護士などの専門家に相談して適切な対処方法を取りましょう。

 

借金問題はすぐにでも専門家に相談するべきですが、中には悪質な法律家もいますので、「信頼できる弁護士の選び方」を参考にしてみてください。

 

弁護士に相談するのはちょっと気が引けるという方はここ↓を読んでみてください。

 

借金の問題は一人で悩んでいても解決することはなく、どんどん悪い方向に向かいます。

 

すぐにでも相談することが解決のコツですが、そうはいっても、いきなり弁護士さんに相談するのは勇気がいりますよね。

 

ですので、まずは無料シミュレーターを利用してみるのがおすすめです。

 

名前も住所も必要なく、5つの質問に答えるだけで「どの方法を使うのが最適で、どのくらい借金が減額できるのか」が分かります。

 

その小さな一歩を踏み出せば、平穏な日々が待っていますよ。