個人再生 デメリット 注意点

個人再生のメリットとデメリットを把握しよう

債務整理の中で比較的選ばれることの多い個人再生。持ち家や自動車を手放さなくても借金が圧縮されるなど債務者にとって嬉しいメリットが多いのですが、デメリットも存在しています。

 

メリット・デメリットをしっかりと理解した上で選ばなくてはなりません。

 

個人再生のデメリット

 

個人再生のデメリットは大きく分けて3つあります。

 

1、まず、返済を継続できるだけの収入が無ければ手続き自体ができないという点が挙げられます。

 

2、およそ5年から10年の間は借り入れが出来なくなってしまいます。いわゆるブラックリスト入りです。

 

3、国が発行している官報に氏名・住所が記載されるため、転職などに不利になることも考えられます

 

借り入れができないというのは、その間に強制的に無借金生活に慣れることができるので更生できるというメリットと捉えることもできます。

 

デメリットという観点からみると「任意整理<個人再生<自己破産」の順で大きくなっていきます。ですので個人再生よりも任意整理で片付くならそちらの方がデメリットは小さくなります。任意整理の場合官報に載ることもありません。

 

あなたの借金は「任意整理で対応できるものなのか、個人再生にすべきなのか?」よくわからない場合には専門家に相談してみる方がいいですよ。

 

というのもあなたの借金状況や収入状況などをしっかり確認して、どうするのが一番メリットが大きいのかを親身になって考えてくれるからです。

 

相談するのはどこでもいいわけではなく、しっかりあなたの事を考えてくれるところで、借金問題に強い専門家です。

 

自分で探すのは簡単ではないので、2つほど信頼できるところを載せておきますね。

 

サルート法律事務所の特徴

サルートさんは親身になって相談に乗ってくれる法律事務所です。家族や会社にバレないように配慮してくれます。

何度相談しても無料というのがすごいところ。どうしたいのか、どういうデメリットを排除したいのかをしっかり伝えてみましょう。またよくわからないことがあったら、細かく聞いてください。あなたの事を考えて教えてくれますよ。

もちろん、電話をしたからと言って強制的に任意整理や個人再生をすることにはなりません。債務整理をするかどうかは自分で決めれます。

無料相談をしてみて、もしサルート法律事務所にお任せすることになった場合は、手数料の分割払いにも対応してくれますので、今お金がなくても大丈夫です。

毎日の借金から解放されるとすごく楽になるので、正しい判断をするためにも専門家に相談してみるのが得策だと思います。

闇金には対応していませんのでご注意を。

価格 相談何度でも0円
評価 評価5
備考 24時間いつでも受付、全国対応
サルート法律事務所の総評

全国対応です。急ぎの場合にも即日で対応してくれます。すぐに無料相談する場合はこちら
0120-781-046

日野司法書士事務所の特徴

ここも何度相談しても無料という非常に良心的な司法書士事務所です。

24時間対応ではないところが少しネックではありますが、他より料金が安いというメリットがあります。

全国対応で債務整理10年の実績がありますので、少しでも安くというならココがおすすめです。

価格 相談何度でも0円
評価 評価4
備考 営業時間9:00-20:00
日野司法書士事務所の総評

少しでも安く、かつ良い所を探しているならココです。営業時間には注意してください(9:00-20:00)

樋口総合法律事務所の特徴

借金問題専門のプロ:樋口さんがあなたの借金を解決へ導いてくれます。月間600件以上相談実績があるので経験豊富です。

長年、借金問題を解決しているので、あなたがどんな事で悩んでいるのかをしっかり把握してくれます。秘密厳守で無料相談に乗ってくれますよ。

「必ず解決させる」という強い意志を持っている方です。

敷居が高いとか、構える必要はありません。向こうもよくわかっているので、気軽に相談できますよ。

価格 相談0円
評価 評価4
備考 24時間いつでも相談可能

 

個人再生のメリット

住宅や車といった財産を手放す必要無く手続きができるのが最も大きいでしょう。債務整理のひとつである自己破産の場合は生活に必要最低限の財産以外は全て手放さなくてはならず、生活を立て直すのが難しいケースもあります。

 

個人再生ならこれらを残せるので自己破産に比べると立て直しやすいとされています。

 

メリットとして返済がかなり楽になるのもポイントです。原則として5分の1まで債務が減額されます。

 

その他、個人再生に限ったことではありませんが、債務整理の手続きが開始されると、債務者に対して債権者は強制執行が一切出来なくなります。給料の差し押さえ、現物の差し押さえは無くなり、取りたてを恐れる心配が無くなります。

 

個人再生にははメリットもあればデメリットも存在します。本当に個人再生が必要なのか?任意整理ではだめなのかをもう一度確認してみましょう。

 

 

個人再生で実際どれだけ減額できるの?

借金を減額する債務整理のひとつである個人再生ですが、いったいどれくらい減額されるのかが気になるところです。個人再生は原則として債務の5分の1まで減額させることが可能です。

 

100万円未満の場合は利息をストップして借金額を全額支払う
100万円以上500万円未満の場合は100万円の支払い
500万円以上1500万円未満のときは5分の1
1500万円から3000万円未満は300万円

 

もちろん必ずしもこの金額になるとは限りません。ざっくりとした例で示しています。

 

債務を大幅に圧縮できるので返済がとても楽になります。返済までの目安は適応されてから3年から5年の間になるので、比較的ゆとりが出るケースがほとんどです。借金返済のために生活水準が著しく低下している人にとってありがたい制度です。

 

このように様々なメリットやデメリットがある個人再生ですが、実際あなたの状況にはどの方法が最適なのかは専門家に相談しなければわからない部分があります。

 

ただし悪質な法律家もいますので、「信頼できる弁護士の選び方」を参考にしてみてください。

 

弁護士に相談するのはちょっと気が引けるという方はここ↓を読んでみてください。

 

借金の問題は一人で悩んでいても解決することはなく、どんどん悪い方向に向かいます。

 

すぐにでも相談することが解決のコツですが、そうはいっても、いきなり弁護士さんに相談するのは勇気がいりますよね。

 

ですので、まずは無料シミュレーターを利用してみるのがおすすめです。

 

名前も住所も必要なく、5つの質問に答えるだけで「どの方法を使うのが最適で、どのくらい借金が減額できるのか」が分かります。

 

その小さな一歩を踏み出せば、平穏な日々が待っていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人再生の注意点|失敗しないために

 

個人再生を選ぶ際、いくつかの注意点があります。申請前の注意点だけでなく、再生計画を立てるとき、認可が下りてからも注意しなくてはならない点があります。

 

最初に申請前について

もしも保証人がいる場合は必ず連絡をとってから申請しましょう。債務者は認可されれば債務が減額されますが、保証人に関しては減額が適応されません。その結果、債務の全てを保証人が支払わなくてはならない、といったケースも考えられます。保証人も個人再生手続きをとったほうが良いケースもあるので、その点も視野にいれて弁護士に相談しましょう。

 

次に再生計画を立てる際の注意点

返済分の可処分所得はある程度計算式が決まっています。(年間の手取収入-年間最低生活費)×2年分が採用されることが多く、場合によっては生活水準を下げる必要が出ることも考えられます。

 

最後に個人再生の認可が下りてからの注意点

個人再生で残った借金の返済は基本的に自分自身で管理しなくてはならないので、返済し忘れたり、滞納してしまうと裁判申し立てを受けて個人再生取り消しされる可能性もあります。もしも事故や病気、災害、失業といった不測の事態に陥ったら再生計画の見直しや免責が受けられることもあるので速やかに弁護士に相談しましょう。

 

 

個人再生は債務者にとってはメリットが大きいのですが、債権者から見ると返済額が減額される=得られるお金が減るわけですので損になります。

 

そのため、中には「利用したら債権者から嫌がらせを受けるのでは無いか?」「どこかで大変なことになるのでは?」と不安になる人もいます。しかし個人再生は法律ですので心配する必要はありません。

 

債権者は丸々損をするわけでもありません。むしろ、夜逃げされたり、自己破産されるよりは小額でも返済されるので個人再生に対して悪い印象を持っているケースはそう多くないとも言われています。

 

何にせよ、分からないことがあったり、悩みがあるときにはすぐに専門家に連絡を取ることが大事です。正しい対策を取れれば圧縮された借金が元に戻ることもありません。生活水準が下がりすぎて生活自体が苦しい場合も早めに相談したいところです。